乗ってから購入を決めよう

>

どこを見て良い車か判断するのか

ドアを開けて確認する

普段、車庫に入れて車を管理している人は、特にドアを開けた際のスペースが重要です。
最低でも、人が車から出るのに必要なスペースを知っておきましょう。
大きいスペースが必要だと、ドアを開けた時に車庫の壁に、ぶつかってしまうかもしれません。
車庫との相性も考えて、車を選択しましょう。
また出かけた時に、駐車場のスペースが狭いことが考えられます。

隣の車との間隔が近いので、ドアを大きく開けるとぶつかってしまいます。
毎回、隣の車にぶつけないよう、細心の注意を払って開けなければいけません。
そんな日々が続くと、ストレスに感じてしまいます。
隣の車にぶつけるのが怖い人は、小さいスペースでも人が出られる車を購入しましょう。

空調の操作方法を知ろう

空調の操作がしにくい車は、おすすめできません。
きちんと、試乗した時に確認してください。
簡単に操作できる車なら、快適に運転できると思います。
また、風が後ろまで届くのかも確認しましょう。
前の席の人は、風が当たって涼しいかもしれません。
ですが後ろの席まで涼しい風が行かないと、ずっと暑いままです。
ずっと暑い車内で過ごすのは、非常にストレスに感じます。

家族でドライブに行く人は、後ろの席ことまで考えてなければいけません。
同じように、座席の座り具合も確認しましょう。
子供たちが後ろに乗ることが多いなら、実際に子供を載せてください。
試乗には、家族で行きましょう。
みんなで乗って、全員が納得できた車を買ってください。


この記事をシェアする