乗ってから購入を決めよう

>

好みの車を見つける方法

運転する時に重要なこと

ハンドルの位置は、車によって微妙に異なります。
人によってフィットする人もいれば、合わない人も見られます。
ハンドルを握りにくいと思ったら。運転しにくくなってしまうので諦めてください。
またハンドルを実際に、回すことも忘れないでください。
すると思っていたより、ハンドルが固くて回しにくいということが考えられます。

スムーズにハンドルを回せないと、運転に支障をきたします。
これまでの車とハンドルの握り具合が異なっている車は、慣れるまで時間が掛かります。
なるべく、違和感を抱かずに運転できる車が良いですね。
早く慣れることが、事故を減らすことに繋がります。
見た目の印象で決めないで、乗ってハンドルを握ってください。

アクセルやブレーキを踏んでみる

車を購入しようと思っている人は、実際に試乗して、ブレーキやアクセルを踏んでください。
踏みにくいと感じたら、その車は購入できません。
特にブレーキは、踏みやすい車でないと困ります。
みなさんもよく知っていると思いますが、車はブレーキを踏むことで止まります。
何かにぶつかりそうになった時はすぐ、ブレーキを踏まなければいけません。

それなのに身体にフィットせず、踏みにくいブレーキの車に乗っていると、ブレーキをかけるまでが遅くなってしまいます。
その結果、大きな事故を起こしてしまうので、安易に考えないでください。
1回だけではなく、何度も確認してください。
すると踏み具合が分かります。
スムーズに踏めるなら、問題ないでしょう。


この記事をシェアする