乗ってから購入を決めよう

自分に合うのか調べよう

運転しやすいか確認するために、試乗は欠かせません。
実際に乗って、運転しにくいと思ったら、購入を控えてください。
無理に運転しにくい車に乗っていると、大きな事故に繋がるので大変危険です。
車の内装は、種類によって異なります。
人の身体によって合うか合わないか変わるでしょうから、いろんな車に乗ってください。
アクセルが踏みやすいか、ハンドルが握りやすいかなどをチェックしましょう。
見た目だけでは、わからない情報なので試乗しなければいけません。

座席が座りやすいか、ドリンクホルダーなどが、手頃な位置についているかなどを確認しましょう。
ドライブによく行く人は、運転しながらドリンクを飲む機会が多くなります。
ドリンクホルダーが良くない位置にあると、活用しにくいです。
そこまで考えながら試乗してください。
また収納スペースが十分なのかも、チェックポイントです。
車の中に、常に入れておきたいものがあるでしょう
それが入るか、確かめてください。

ドアの開け閉めでも、わかることがあります。
人が出るのに必要なスペースがどのくらいなのか、試乗した時に知ってください。
車庫に、車を駐車する人がいると思います。
ドアを大きく開けないと、人が出られない車だと、車庫の壁にぶつかるかもしれません。
いろんな機能が車についていますが、操作しやすいか確認しましょう。
空調の操作が、スムーズにできるでしょうか。
後ろの座席まで、空調が届くのかも重要な部分です。